2018.1.20 21:44

稲森、30ホールの長丁場で四つ伸ばす「初優勝を狙いたい」/国内男子

稲森、30ホールの長丁場で四つ伸ばす「初優勝を狙いたい」/国内男子

 SMBCシンガポール・オープン第3日(20日・シンガポール、セントーサGC=7398ヤード、パー71)前日から順延された第2ラウンドの残りと第3ラウンドが行われたが悪天候で中断し、6人しか終えられなかった。残り2ホールの稲森佑貴は通算6アンダーで暫定10位につけた。

 稲森が30ホールの長丁場で四つ伸ばし、トップの背中を視界にとらえた。第2ラウンドで残していた14ホールは全てパー。35位から臨んだ第3ラウンドは16ホールで5バーディー、1ボギーだった。

 昨年は平均ストロークで11位と上々の数字を残したものの、ツアー未勝利の23歳。疲れを見せず「第2ラウンドはもどかしかったが、第3ラウンドに入ってショットが切れてきた。この調子だったらいける。初優勝を狙いたい」と意欲満々に語った。(共同)

ツアー日程へ

  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 稲森、30ホールの長丁場で四つ伸ばす「初優勝を狙いたい」/国内男子