2017.12.3 16:31

韓国、団体戦で苦しむ キム・ハヌル「最終日フォアサムだったのが敗因」/国内女子

韓国、団体戦で苦しむ キム・ハヌル「最終日フォアサムだったのが敗因」/国内女子

特集:
キム・ハヌル
最終日、日本チームに敗れて泣く韓国チームの選手をなぐさめる、キャプテンのキム・ハヌル(中央)=三好CC西コース(撮影・林俊志)

最終日、日本チームに敗れて泣く韓国チームの選手をなぐさめる、キャプテンのキム・ハヌル(中央)=三好CC西コース(撮影・林俊志)【拡大】

 女子プロゴルフの日本、韓国、欧州、オーストラリアの4ツアーの代表選手による対抗戦、ザ・クイーンズ最終日は3日、愛知県三好CC(6400ヤード、パー72)で行われ、日本は優勝決定戦で韓国を7-1で破って2年ぶり2度目の優勝を決めた。

 力量では日本に勝る韓国が、フォアサムのルールに苦しんだ。2日の個人マッチプレーでは9人中8人が勝利しただけに、主将のキム・ハヌルも「最終日フォアサムだったのが敗因」と口にするしかなかった。

 毎年フォアサムで苦しむのを理由に個人の長所と短所を補うようなペアリングを意識したというが、ボールを交互に打つルールはプレーのリズムを狂わせた。「個人プレーの能力のたけた選手が集まっていた。互いに集中するポイントが違うので、フォアサムで弱さが出た」と話した。

  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内女子
  4. 韓国、団体戦で苦しむ キム・ハヌル「最終日フォアサムだったのが敗因」/国内女子