2016.11.25 05:04(1/4ページ)

松山&遼、4差10位発進!前半出遅れも日の丸チャージ/海外男子

松山&遼、4差10位発進!前半出遅れも日の丸チャージ/海外男子

特集:
松山英樹
石川遼
白赤の「日の丸ウエア」で参戦した松山(前方)と石川。日本の顔が、世界を驚かす (共同)

白赤の「日の丸ウエア」で参戦した松山(前方)と石川。日本の顔が、世界を驚かす (共同)【拡大】

 ISPSハンダW杯第1日(24日、豪州・メルボルン、キングストンヒースGC=7111ヤード、パー72)2人1組のストロークプレーで争われる国・地域別対抗戦。第1日は交互に打つ「フォアサム」形式で行い、日本は世界ランキング6位の松山英樹(24)=LEXUS=と同100位の石川遼(25)=CASIO=がタッグを組んで出場。4バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの1オーバー73で回り、69で首位に立ったスペインと4打差の10位で滑り出した。第2日の25日は「フォアボール」形式で行われる。

【続きを読む】

  • 第1ラウンド、ホールアウトし、握手する石川遼(右)と松山英樹。1オーバーで10位=キングストンヒースGC(共同)
  • 第1ラウンド、9番でバーディーパットを外し、悔しがる松山英樹。手前は石川遼=キングストンヒースGC(共同)
  • 第1ラウンド、3番でバンカーショットを放つ松山英樹=キングストンヒースGC(共同)
  • 第1ラウンド、14番でボギーをたたき、さえない表情の松山英樹(右)と石川遼=キングストンヒースGC(共同)
  • 第1ラウンド、11番をパーセーブし、笑顔を見せる松山英樹(右)と石川遼=キングストンヒースGC(共同)
  • 第1ラウンド、17番でティーショットを放つ松山英樹。右は石川遼=キングストンヒースGC(共同)
  • 第1ラウンド、15番でバーディーを奪い、声援に応える(右から)石川遼と松山英樹=キングストンヒースGC(共同)
  • 15番(パー3)、石川遼が5メートルのバーディーパットを決めて、日本チームは喜びのガッツポーズ。左から石川のキャディーを務める佐藤賢和氏、石川、松山英樹、松山のキャディーを務める進藤大典氏=豪州・メルボルン、キングストンヒースGC(撮影・石井文敏)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 海外その他
  4. 松山&遼、4差10位発進!前半出遅れも日の丸チャージ/海外男子