2016.7.8 05:03(1/3ページ)

遼、星に願う114位発進「アイアンの距離感がほしい」/国内男子

遼、星に願う114位発進「アイアンの距離感がほしい」/国内男子

特集:
石川遼
ツアーに帰ってきた石川。結果は今ひとつでも、ファンの熱い視線が注がれた(撮影・高橋朋彦)

ツアーに帰ってきた石川。結果は今ひとつでも、ファンの熱い視線が注がれた(撮影・高橋朋彦)【拡大】

 日本プロ選手権日清カップ第1日(7日・北海道クラシックGC=7094ヤード、パー72)腰痛による離脱から約5カ月ぶりに復帰した石川遼(24)=CASIO=は1バーディー、6ボギーの5オーバー77で114位と出遅れた。首位と13打差。武藤俊憲(38)=フリー=がコースレコードとなる8アンダー64で回り、単独首位。3打差の2位に宋永漢(24)=韓国。2012年以来のツアー出場となった伊澤利光(48)=伊澤ゴルフアカデミー=は83で143位発進となった。

【続きを読む】

  • 初日は77と乱れた石川遼=北海道クラシックGC(撮影・高橋朋彦)
  • 初日は77と乱れた石川遼=北海道クラシックGC(撮影・高橋朋彦)
  • 初日は77と乱れた石川遼=北海道クラシックGC(撮影・高橋朋彦)
  • 初日は77と乱れた石川遼=北海道クラシックGC(撮影・高橋朋彦)
  • 10番でティーショットを放ち、ボールの行方を追う武藤俊憲。8アンダーで首位=北海道クラシックGC
  • 4年ぶりのツアー出場となった伊沢利光=北海道クラシックGC(撮影・高橋朋彦)
  • 1番でティーオフする竹谷佳孝。4アンダーで3位=北海道クラシックGC
  • 第1日、10番でティーオフする大堀裕次郎。4アンダーで3位=北海道クラシックGC
  • 第1日、10番でティーオフする片岡大育。4アンダーで3位=北海道クラシックGC
  • 第1日、10番でティーオフする宮里優作。3オーバーで80位=北海道クラシックGC
  • 第1日、10番でティーオフする池田勇太。5オーバーで114位=北海道クラシックGC
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 遼、星に願う114位発進「アイアンの距離感がほしい」/国内男子