2015.11.30 05:03(1/2ページ)

遼、残念1差2位…18番バーディーも黄重坤はイーグル/国内男子

遼、残念1差2位…18番バーディーも黄重坤はイーグル/国内男子

特集:
石川遼
17番のバーディーで、石川遼(左)は弟の航くんとハイタッチ。優勝は逃したが、かっこいい兄の姿を見せ続けた (撮影・高井良治)

17番のバーディーで、石川遼(左)は弟の航くんとハイタッチ。優勝は逃したが、かっこいい兄の姿を見せ続けた (撮影・高井良治)【拡大】

 カシオワールドオープン最終日(29日、高知・Kochi黒潮CC=7315ヤード、パー72)2日目から首位の石川遼(24)=CASIO=は68と4打伸ばしたが、通算14アンダーでトップと1打差の2位。次戦の今季最終戦での雪辱を誓った。石川と1打差の2位から出た黄重坤(ハン・ジュンゴン、23)=韓国=が66で回って通算15アンダーとし、今季初となる通算3勝目。31位だった金庚泰(キム・キョンテ、29)=韓国=の5年ぶり2度目の賞金王が確定した。

【続きを読む】

  • 後半、ティーショットが乱れた石川遼=高知・Kochi黒潮CC(撮影・高井良治)
  • 敗れサバサバした表情の石川遼(左)とキャディーの航くん(右)=高知・Kochi黒潮カントリークラブ (撮影・高井良治)
  • 17番ホールでバーディーを決め弟・航キャディーとハイタッチする石川遼(左)=高知・Kochi黒潮CC(撮影・高井良治)
  • 最終日、敗れるもサバサバした表情の石川遼=高知・Kochi黒潮CC(撮影・高井良治)
  • 3位タイに終わった片山晋呉=高知・Kochi黒潮CC(撮影・高井良治)