2015.11.26 18:30

平塚、単独首位 遼は1打差の2位に/国内男子

平塚、単独首位 遼は1打差の2位に/国内男子

特集:
石川遼
9番ホールでティーショットをミスショットした石川遼=高知・Kochi黒潮CG(撮影・高井良治)

9番ホールでティーショットをミスショットした石川遼=高知・Kochi黒潮CG(撮影・高井良治)【拡大】

 カシオ・ワールドオープン第1日(26日、高知県Kochi黒潮CC=7315ヤード、パー72)44歳の平塚哲二が5バーディー、ボギーなしの67で単独首位に立った。1打差の2位に石川遼、小林伸太郎、趙珉珪(韓国)がつけ、逆転での賞金王獲得にはこの大会を含めて2連勝が最低条件の宮里優作は71の17位発進となった。

 69の5位に谷原秀人ら4人が並び、賞金ランキングで宮里優に約6400万円の差をつけトップの金庚泰(韓国)と昨年覇者の片山晋呉は72の39位となった。(賞金総額2億円、優勝4000万円、出場108選手=アマ6、晴れ、気温17・0度、西の風2・9メートル、観衆2118人)(共同)

小林伸太郎の話(1打差2位)「パットが本当に良かった。(第2日は)臨機応変に自分を苦しめずに頑張りたい」

趙珉珪の話(68で2位発進)「風が舞っていて難しかった。グリーンの真ん中を狙って、2オン2パットと思ってやったのが良かった」

  • 7番ホールで左ラフから3打目を放ちキャディーの航君(左)からパターを受け取る石川遼(右)=高知・Kochi黒潮CG(撮影・高井良治)
  • 8番ホールでロングパットを決めた石川遼(左)(右はキャディーの航君)=高知・Kochi黒潮CG(撮影・高井良治)
  • ティーショットを放つ平塚哲二(左)。右は河野祐輝=高知・Kochi黒潮CC(撮影・高井良治)
  • ティーショットを放つ平塚哲二=高知・Kochi黒潮CC(撮影・高井良治)
  • 17番ホールでセカンドショットを放つ平塚哲二=高知・Kochi黒潮CC(撮影・高井良治)
  • 18番ホールグリーン手前バンカーにつかまった池田勇太。大きく出遅れた=高知・Kochi黒潮CG(撮影・高井良治)
  • 1日目、大きく出遅れた池田勇太=高知・Kochi黒潮CC(撮影・高井良治)
  • 宮里聖志のキャディーを務める長泰邦さん=高知・Kochi黒潮CC(撮影・高井良治)
  • 7番ホールでの片岡大育=高知・Kochi黒潮CC(撮影・高井良治)
  • 7番ホールでセカンドショットを放つ片岡大育=高知・Kochi黒潮CC(撮影・高井良治)