2015.10.3 05:02

遼、“ヘビー級1W”でジワリ2位!先週の「制御不能」解消/国内男子

遼、“ヘビー級1W”でジワリ2位!先週の「制御不能」解消/国内男子

特集:
石川遼
石川(右)はツアー選手会長の池田と同組でラウンド。笑顔が目立った (撮影・森本幸一)

石川(右)はツアー選手会長の池田と同組でラウンド。笑顔が目立った (撮影・森本幸一)【拡大】

 トップ杯東海クラシック第2日(2日、愛知・三好CC西C=7315ヤード、パー72)石川遼(24)=CASIO=は5バーディー、3ボギーの70で回り、通算6アンダーで初日の3位から2位に上昇。首位との差も3打から2打に詰めた。69で回った朴相賢(パク・サンヒュン、32)=韓国=が通算8アンダーで首位。3打差の4位に片山晋呉(42)=イーグルポイントGC=らがつけた。

 じわりと首位に詰め寄った。“重量級1W”の扱いに慣れてきた石川が2打差の2位に浮上だ。

 「初日より(ホール内に)収まっている。1番からいいショットを打てたし、特に前半は悪くなかった。落ち際だけ曲げたい球が曲がりすぎているところが課題」

 前日のホールアウト後は横殴りの雨の中、練習に励んだ。ずぶぬれになった約1時間の練習が生きている。体全体でクラブを振るため、総重量約340グラムと通常より20グラム前後重い1Wを使用。先週は「制御不能」だったが、この日は「逆の球は出なかった」。日に日に体になじんできた。

 「日曜日に優勝争いをするためには3日目が大事。全部ピンを狙っていきたい」。ムービングデーの土曜日に、突き抜ける準備はできている。 (高瀬悟嗣)

(紙面から)

  • 9番ホール、第3打目を放つ石川遼=愛知・三好CC西C(撮影・森本幸一)
  • 9番H、第2打目地点でキャディに指示を出す石川遼=愛知・三好CC西C(撮影・森本幸一)
  • 1番ホール、ティーショットを放った石川遼=愛知・三好CC西C(撮影・森本幸一)
  • 7番ホール、ティーショットを放つ石川遼=愛知・三好CC西C(撮影・森本幸一)
  • 17番H、パットを放ちボールの行くへを見つめる石川遼=愛知・三好CC西C(撮影・森本幸一)
  • 6番H、第2打目を放った石川遼=愛知・三好CC西C(撮影・森本幸一)
  • 9番H、第2打目地点でキャディに指示を出す石川遼=愛知・三好CC西C(撮影・森本幸一)
  • 17番H、第2打目を放つ石川遼=愛知・三好CC西C(撮影・森本幸一)
  • 17番H、第2打目を放つ石川遼=愛知・三好CC西C(撮影・森本幸一)
  • 1番H、ティーショットを放った池田勇太=愛知・三好CC西C(撮影・森本幸一)
  • 14番H、グリーン上でラインを読む小田孔明=愛知・三好CC西C(撮影・森本幸一)
  • 17番H、アプローチショットを放つ川村昌弘=愛知・三好CC西C(撮影・森本幸一)