2015.9.19 05:03(1/3ページ)

超絶スライス連発!遼が4差2位浮上「強気でいく」/国内男子

超絶スライス連発!遼が4差2位浮上「強気でいく」/国内男子

特集:
石川遼
6番の右ラフから、巧みな腕の動きで右に曲がるボールを打ち出した石川(撮影・高橋茂夫)

6番の右ラフから、巧みな腕の動きで右に曲がるボールを打ち出した石川(撮影・高橋茂夫)【拡大】

 ANAオープン第2日(18日、北海道・札幌GC輪厚C=7063ヤード、パー72)今季日本ツアー初参戦の石川遼(24)=CASIO=が5バーディー、1ボギーで2日連続の68をマーク。通算8アンダーで、初日の4位から2位に浮上した。首位のプラヤド・マークセン(49)=タイ=とは4打差。ミラクルショットを連発し、昨年7月の「長嶋茂雄招待セガサミーカップ」以来となる日本ツアー通算12勝目を視野に入れた。

【続きを読む】

  • 18番でも同様にスライスをかけた(撮影・高橋茂夫)
  • 通算8アンダーまでスコアを伸ばして2位タイの石川遼=北広島市・札幌ゴルフ倶楽部・輪厚コース(撮影・高橋茂夫)
  • 石川遼・ANAANAオープン成績
  • 通算8アンダーまでスコアを伸ばして2位タイの石川遼=北広島市・札幌ゴルフ倶楽部・輪厚コース(撮影・高橋茂夫)
  • 二日目、通算7アンダーまでスコアを伸ばした平塚哲二=北広島市・札幌ゴルフ倶楽部・輪厚コース(撮影・高橋茂夫)
  • 2日目、通算8アンダーまでスコアを伸ばした谷口=北海道・札幌GC輪厚C(撮影・高橋茂夫)
  • 二日目、途中で棄権した尾崎将司(18番)=北広島市・札幌ゴルフ倶楽部・輪厚コース(撮影・高橋茂夫)