2015.5.11 05:03(2/2ページ)

史上初!“女性版エルス”田仁智、初戦でメジャーV/国内女子

史上初!“女性版エルス”田仁智、初戦でメジャーV/国内女子

ティーショットを放つベストアマに輝いたアマチュアの蛭田みな美=茨城ゴルフ倶楽部東コース (撮影・戸加里真司)

ティーショットを放つベストアマに輝いたアマチュアの蛭田みな美=茨城ゴルフ倶楽部東コース (撮影・戸加里真司)【拡大】

 悠々と逃げ切った。田仁智が日本ツアー初出場でメジャーV。同組で回った上田は「すごい選手が来た」と脱帽した。

 「他と比べられないほど価値のある優勝。素晴らしい思い出ができた」

 1番(パー5)で勝負を決めた。2位の上田がボギーをたたいたのに対し、第3打をピン60センチにつけてバーディー。リードを7打に広げた。

 身長1メートル75と大型で、終始落ち着いたプレー。今大会の平均飛距離250ヤードの安定したドライバーショットと、精度の高いアイアンショットに、2日間同組だった上田は「オールマイティーにうまい。女性版アーニー・エルス」と、メジャー通算4勝のエルス(南アフリカ)を重ねた。

 この優勝で日本ツアー参戦も可能。イ・ボミにも誘われたが「学生なので今は考えていない」と否定した。韓国の名門、高麗大に在学し、知能指数(IQ)は「非常に優れている」とされる130を上回る135。優勝副賞のメルセデスベンツや米は、東日本大震災の被災地に寄贈する。性格も優しく、才色兼備のスター候補だ。

 韓国は母の日の習慣がない代わりに、5月8日が「父母の日」。当日は両親の希望に沿って、茨城GCから約15キロの牛久大仏に足を運んだ。

 「若い選手があこがれるような存在になりたい」。韓国の新星が、日本から世界を席巻する。 (稲垣博昭)

データBOX

 ◎…田仁智は「世界ランキング30位以内」のカテゴリーで今大会に出場。日本ツアー初出場でメジャー大会を制した選手は過去にいない。 ◎…20歳273日でのメジャー初Vは日本ツアー4番目の年少記録。最年少は平瀬真由美の1989年「レディーボーデンカップ」(現LPGAツアー選手権リコーカップ)優勝時の20歳27日。

田 仁智(チョン・インジ)

 1994年8月10日生まれ、20歳。韓国・ソウル市出身。12歳でゴルフを始める。アマチュア時代は韓国代表メンバー。高麗大国際スポーツ学部3年。2012年にプロ転向。韓国ツアー通算5勝。世界ランク24位(4日時点)。愛称は「ダンボ」。1メートル75。家族は両親と姉。

(紙面から)

  • 身長1メートル75で20歳の田仁智(右)が優勝、1メートル58で26歳のイ・ボミは初日の65でベストスコア賞。どちらも強いです(撮影・戸加里真司)
  • 最終日、3番でティーショットを放つ上田桃子=茨城GC