2014.8.22 05:04(2/3ページ)

首位は奈紗、2位にみなみ!Jr.女王は高1決戦!!/国内アマ

勝みなみは、畑岡奈紗と最終組で優勝を争う(日本ゴルフ協会提供)

勝みなみは、畑岡奈紗と最終組で優勝を争う(日本ゴルフ協会提供)【拡大】

 奈紗が逃げ、みなみが追う。2014年夏のジュニア女王争いは高1の2人が軸になった。

 「初日よりショットは悪かったけど、パットが良かったです」

 はにかんだ笑顔は畑岡奈紗だ。初日は自己ベストタイの67。この日は7バーディー、1ボギーの66でベストを更新した。ツアー48勝の中嶋常幸(59)が主催する「ヒルズゴルフトミーアカデミー」で腕を磨く成果を15歳の夏に爆発させた。

 一方、1打差2位で出た勝みなみは17ホール目の8番(パー4)でダブルボギー。スコア提出を終えるなり「もう、悲しいです。上がり(寸前)で何でダボ打つのか」と悲鳴を上げた。

 それでも他は4バーディー、1ボギー。前夜、ナショナルチーム関係者から「スタンスがオープンすぎるのでは」との助言をもらい、左足を少し前に出して構えると安定感が戻った。初日は14ホール中3ホールだったフェアウエーキープは10ホールに伸びた。

 最終日は最終組で同組。6打リードの畑岡は「勝さんと回るのは緊張すると思う。プレーを見たこともないし、話したこともない。意識しないように自分のプレーをしたい」とか細い声。日本アマ女子ランク1位で、すでにツアー優勝もしている勝は、同世代では特別な存在だ。

【続きを読む】