申ジエが初制覇 初日から首位を譲らない完全優勝/国内女子

 
優勝を決めた申ジエ=小杉CC(撮影・中島信生)

 日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日(9日、富山・小杉CC=6605ヤード、パー72)申ジエ(韓国)が5バーディー、1ボギーの68で回り、通算16アンダーの272で初制覇を決めた。初日から首位を守る完全優勝で賞金3600万円を獲得。国内四大大会は5月のワールド・サロンパス・カップに続く3勝目となる。

 通算16アンダーは72ホールでの大会最多アンダーパーを更新。2位と9打差の圧勝で前週に続く今季3勝目を挙げた。日本ツアー会員として出た大会では18勝目で、米ツアーを兼ねたものなどを含めると日本で20勝目となる。2位はアン・ソンジュとジョン・ジェウン(ともに韓国)で大出瑞月と浜田茉優が5アンダーで日本勢最上位の4位。小祝さくらは6位、鈴木愛は26位だった。(出場61選手、雨、気温20・5度、北北東の風9・0メートル、観衆7999人)

申ジエの話「最近いいプレーができるようになって(2週)連続で勝てた。後半は失敗しないように集中してプレーした。今日は難しい設定の中でパーセーブを目標にしていたので満足している」

有村智恵(3位からスタートするも、80の乱調で26位に終わる)「自分の実力が足りなかった。申ジエのプレーを見てレベルが違うなと思った」

鈴木愛(故障からの復帰戦は26位)「凡ミスが多かった。それがなければ余裕でアンダーパー。トップ10にも入れた」

大出瑞月(71で回り4位)「平常心と思ってやった。(18番がボギーで)終わりが良くないのであまりうれしくない」

Read more