勇太、同郷対決制す/国内男子

 
14H バーディーパットを沈め、ガッツポーズの池田勇太。木下裕太を2アンド1で下した=鳩山カントリークラブ(撮影・福島範和)

 ISPSハンダ・マッチプレー選手権第5日(7日、埼玉県鳩山CC=7115ヤード、パー72)池田がジュニア時代に一緒に練習した同郷の木下裕太(32)=フリー=との対決を2アンド1で制した。7番まで4アップだったが13番で1アップまで迫られる場面もあり、「ミスで相手を楽にした」と渋い表情。今平との準決勝に向けて「ミスを少なく、チャンスを決めて流れを作っていく」。自らのプレーに集中し、ツアーで11人目となる通算20勝の大台を狙う。

Read more