ウッズ、久々の首位発進「今季最高のスタート」/米男子

 

 米男子ゴルフのプレーオフ第3戦、BMW選手権は6日、ペンシルベニア州ニュータウンスクエアのアロニミンクGC(パー70)で第1ラウンドが行われ、タイガー・ウッズ(米国)とロリー・マキロイ(英国)が62をマークして首位に並んだ。

 ウッズは1イーグル、7バーディー、1ボギーで62の好スコア。2013年3月以来の首位発進に「今季最高のスタートが切れた」と暑さの中で笑みがこぼれた。

 前半は10番からスタートして29をマーク。特に16番(パー5)は残り240ヤードを3番アイアンで1メートル半に2オンさせてイーグルを奪った。後半も7番(パー4)で第2打を20センチにつけるショットで大観衆を沸かせた。

 10番で6メートルを沈めるなどパットもさえた。長年使っていたパターに戻し「いい感触は体が覚えている。やっといいパットが打てた」と手応えを口にした。(共同)

Read more