首位から後退の小祝さくら、因縁の相手に雪辱期す「チャンスはある」/国内女子

 
14H、2位タイで終了した小祝さくら=小杉CC(撮影・中島信生)

 日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯第2日(7日、富山・小杉CC=6605ヤード、パー72)1位から出た小祝は71と大きくは伸ばせず、首位から後退した。ショットで何度もつくったチャンスを決められず「グリーンが重くてパットがショート気味。タッチを合わせられずに終わった」と悩ましげだった。

 前週にプレーオフで惜敗し、今週も好調を保つ申ジエを追う展開。小祝は初優勝を阻まれた因縁の相手に対して「(逆転の)チャンスはあると思う。自分が伸ばさないとそこまで行かないので、攻めのゴルフをしていけるように」と雪辱を期した。

Read more