星野「17番のバーディーで『これは決まった』と」

初優勝一問一答
優勝杯を持つ星野陸也=山梨県富士河口湖町の富士桜カントリー倶楽部(撮影・甘利慈) 

 フジサンケイ・クラシック最終日(2日、山梨・富士桜CC=7339ヤード、パー71)首位から出た星野陸也(22)=フリー=が7バーディー、2ボギーの66をマークし、通算16アンダーでツアー初優勝を果たした。

 ――初優勝は意識していた

 「意識するとメンタルが弱いので、周りを気にせずアンダーかイーブンで回ればいいと思っていた。17番のバーディーで『これは決まった』と思った」

 ――去年との違いは

 「経験が一番。昨年は優勝争いもできて、ほとんどのコースも回った。8月の『札幌オープン』(ツアー外競技)の優勝や『全米オープン』などで学んだことが生かされている」

 ――賞金ランキングも3位に

 「しっかり成績を残して賞金王にもなりたい。このチャンスをものにしたい」

 ――富士桜ではレコード

 「めちゃくちゃうれしい。最後入っていればもっとよかったんですけど。次に生かしていければいい」

Read more