日本は通算19アンダーで2位  世界女子アマチュアチーム選手権

 

 ゴルフの世界女子アマチュアチーム選手権は1日、アイルランドのキルデアにあるカートンハウスGCのパー73とパー72の2コースで最終ラウンドが行われ、パー73のコースを回った日本は通算19アンダーで順位を一つ上げて2位に入った。首位の米国とは10打差。

 個人では安田祐香(兵庫・滝川二高)が首位と2打差の通算15アンダーで2位。西村優菜(大阪・大商大高)は3アンダーの12位、吉田優利(千葉・麗沢高)はイーブンパーの30位だった。(共同)

Read more