韓国の朴富遠が「コマツ・オープン」で優勝「日本で1勝したいと思っていた」/国内シニア

 
ツアー参戦2年目で初優勝を飾った朴富遠は笑顔でトロフィーを掲げた

 シニアゴルフツアーの「コマツ・オープン」は1日、石川・小松CC(6917ヤード、パー72)で最終ラウンドが行われた。1打差の単独首位から出た朴富遠(パク・ブーウォン、53)=韓国=が5バーディー、1ボギーの68で回り、通算15アンダーで日本シニアツアー参戦2年目で初優勝を飾った。優勝賞金1200万円を手に入れ、「これまでで最高額の賞金。実感が湧かない。日本で1勝したいと思っていた」と大喜び。母国の先輩プロで昨年大会覇者の金鍾徳(56)らから祝福のウオーターシャワーを浴びせられた。

Read more