大阪桐蔭高ゴルフ部、全部員が賭けゴルフ 下級生に暴力も

 

 野球部が先頃の全国高校野球選手権大会で史上初となる2度目の春夏連覇を果たした大阪桐蔭高校(大阪府大東市)で、ゴルフ部の不祥事が発覚した。男子部員が賭けゴルフや下級生に暴力行為をして、顧問や部員らが学校側から処分を受けていたことが30日、同校などへの取材で分かった。練習の際に全部員が賭けプレーを繰り返していたうえに、複数の上級生が下級生1人に繰り返し暴行を加えていたという。

 不祥事が明るみに出たのは、窃盗事件がきっかけだった。今田悟校長によると、3月上旬、当時1年生の男子部員が同級生の財布から500円を抜き取る事案が発生。学校側が調査すると、この1年生部員が窃盗を認めた。さらに事情を聴くと、部内での賭けゴルフや暴行の事実が浮かび上がった。

 賭けゴルフは昨年7月から今年3月にかけて、部活動でのチーム戦やパット練習などの際に、日常的に行われていた。賭けの対象は最初、ジュースやアイスなどだったが、エスカレートして100~200円ほどを賭けるようになった。合計回数や昨年7月以前にも行われていたかについて、今田校長は「確認できていない」と話した。

 また、窃盗をした1年生に対し、2年生部員5人が同じ時期に「肩パン」と称して腕をげんこつで殴ったり、蹴るなどの暴行を繰り返していたことが判明。5人は暴行について、この1年生が「練習などの際の指示に反抗したり、無視したりすることを繰り返したため」と説明した。

 1年生は、2年生から何度も現金を要求され、払わないと暴行を受けたため、お金に困って窃盗をしたと訴えた。だが、今田校長は「他の部員から(恐喝が行われたという)証言はなく、事実として認定できなかった」という。

 同校は窃盗をした1年生と暴行をした2年生5人に無期限の謹慎処分を下した。顧問2人も厳重注意、ゴルフ部を無期限の活動停止とした。その後の反省態度などから、1年生は8日間、2年生5人は12日間、ゴルフ部は12日間で処分を解除。1年生は3月に自主退学した。同校は6月、大阪府私学課に一連の行為について報告した。

 今田校長は「大きな大会に出場しているクラブだけに残念。今後、二度と起こらないよう指導していきたい」と話した。

大阪桐蔭高校ゴルフ部

 硬式野球部などと並び全国的な強豪。毎年のように全国大会に出場しており、男子は、今年8月に開催された全国高等学校ゴルフ選手権大会で24位だった。同大会では1999年に優勝している。OBにプロゴルファーの宮里聖志(41)や弟の優作(38)ら。優作は同校3年だった98年に、日本ジュニアゴルフ選手権男子15~17歳の部で優勝した。

Read more