松山、通算9アンダー15位/米男子

 
最終ラウンド、13番でティーショットを放つ松山英樹。通算9アンダーで15位=リッジウッドCC(共同)

 米男子ゴルフ・プレーオフ第1戦ノーザントラスト最終日(26日、米ニュージャージー州パラマス、リッジウッドCC=7385ヤード、パー71)首位に10打差の26位から出た松山英樹(26)=LEXUS=は5バーディー、2ボギーの68と伸ばし、通算9アンダーで15位だった。単独首位から出たブライソン・デシャンボー(24)=米国=が69で回り、通算18アンダーで今季2勝目、ツアー通算3勝目を挙げ、今季ポイント争いでもトップに立った。49位から出たタイガー・ウッズ(42)=米国=は通算4アンダーで40位だった。

年間ポイントで58位に浮上し、70人に絞られる第3戦の出場圏内へ入ってきた松山英樹「久々にトップ10に入りたい、もっとポイントを稼ぎたいというプレッシャーですごく緊張した。これを続けられればもう一つ上の優勝争いもある」

Read more