2020.12.16 07:30

「ヒノ国」で見た復興の兆し 震災の爪痕残る被災地を調査すると…

 大人気漫画「ワンピース」の作者、尾田栄一郎氏(45)と故郷の熊本県、GPS(位置情報)を利用したスマホ向けゲーム「ポケモンGO」の復興プロジェクトを調査した。後編は阿蘇エリア。4年前の地震で震災遺構となった旧東海大阿蘇キャンパスの近くや、全線不通となった南阿蘇鉄道の高森駅前にはポケストップがある。画像はポケGOファンの尾田氏が描き下ろした「麦わらの一味」のイラスト。復興支援における漫画やゲームの力を探った。 (取材構成・田代学)【続きを読む】

新着ニュース

新着フォト

  • 【ポケモンGO調査隊がゆく 特別編・後編】「ヒノ国」で見た復興の兆し 震災の爪痕残る被災地を調査すると…
  • 【ポケモンGO調査隊がゆく 特別編・前編】ポケGO好き尾田栄一郎氏書き下ろしポケストップが出現 冒険の地「ヒノ国」だ
  • 【ポケモンGO調査隊がゆく】新しい「GOフェスト」を拡大解析 ヒントはイラストの中に?
  • 【ポケモンGO第2次調査隊がゆく】プロフィギュアスケーター・本田武史隊長、“ポケモン博士”の息子に導かれ華麗に復帰!一緒にバトル
  • 【ポケモンGO第2次調査隊がゆく】フェンシング・宮脇花綸隊長、「チーム」と一緒に進化「ライフワークです」
  • 【ポケモンGO第2次調査隊がゆく】渡嘉敷来夢隊長、2つのボールを使い分け 明日へパワフルシュート!
  • 【ポケモンGO第2次調査隊がゆく】パックン隊長、父娘でLet’sGO~初めてのポケGO 3日間の大冒険~
  • 【ポケモンGO第2次調査隊がゆく】前田健太隊長、タマゴかえそうマエケン体操

関連情報

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能社会特集一覧
  4. ポケモンGO第2次調査隊がゆく