軍事のツボ

2019.3.12 19:02

機銃掃射にさらされた日本とガンカメラ

 1945年3月10日の東京大空襲を嚆矢として日本の都市に対する焼夷弾を使った無差別爆撃が始まり、B-29爆撃機によって焼き尽くされた。都市の中に点在する軍需工場を無力化するというのが“大義名分”とされた。一方で、小型の戦闘機による空襲も頻発し、軍事施設や工場以外にも機銃掃射が繰り返され、多くの非戦闘員の犠牲者が出た。こうした空襲は実態がよく分からない部分も多いが、空襲の際に撮影された膨大な量の映像が米国に保管されている。【続きを読む】

新着ニュース

新着フォト

  • 【軍事のツボ】機銃掃射にさらされた日本とガンカメラ
  • 【軍事のツボ】INF全廃条約破棄がにらむ中国封じ込めと日本の核政策
  • 【軍事のツボ】「時間」の壁を越えるロシアの極超音速ミサイル
  • 【軍事のツボ】「最後の海軍大将」井上成美が残した教育
  • 【軍事のツボ】ゲームチェンジング・ウエポンを最初に手にするのは
  • 【軍事のツボ】日本人所有の唯一の零戦が海外流出へ
  • 【軍事のツボ】教え子が語る井上成美海軍大将の英語塾(下)
  • 【軍事のツボ】教え子が語る井上成美海軍大将の英語塾(上)
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能社会特集一覧
  4. 軍事のツボ