2021.9.28 21:05

外科用機器の世界市場規模は2025年までに170億ドルに達し、年率8.3%で推移

外科用機器の世界市場規模は2025年までに170億ドルに達し、年率8.3%で推移

 画像 : https://newscast.jp/attachments/3nwSM1Ls7OhLkVq1LY5N.png

 

 外科用機器の世界市場は、心臓血管、脳神経外科、遺伝子工学などの様々な分野における外科手術の数が世界的に増加していることから、さらに成長すると予測されています。2017年に米国形成外科学会が発表したレポートによると、高齢のアメリカ人は顔の若返りに関心を持つようになっています。55歳以上の個人が受けた美容整形手術は4,168,693件で、全年齢の26%を占め、2010年の高齢者による3,252,430件から実に28%もの伸びを示しています。また、400万件を超える手術のうち、低侵襲手術は3,784,240件で、2010年の2,903,193件から大幅に増加しました。 これらの要因により、世界の外科用機器市場は、2020年から2025年の予測期間中、約8.3%のCAGRで健全な成長が見込まれています。

 

サンプルページはこちら @ https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bis138991

 

低侵襲手術への需要の高まり

 傷跡のない美容整形手術への需要が高まっていることに加え、回復が早く費用対効果に優れていることから、新興市場での手術機器市場が拡大しています。例えば、インドでは、意識の高まりと生活水準の向上を背景に、小規模な都市でも美容整形手術を受ける人が増えています。ISAPS(国際美容整形外科学会)が2016年に実施した調査によると、インドは90万件以上の美容整形手術が行われて4位となっており、これは世界全体の約4.0%を占めています。米国整形外科学会(ASPS)が発表したレポートによると、2018年にアメリカ人が美容整形手術や低侵襲手術に費やした金額は165億ドルとこれまで以上に多く、2017年から4%増加しています。

 さらに、世界中で心臓血管外科手術が大幅に増加していることも、予測期間中の市場の成長に貢献しています。さらに、高齢者人口の増加と心血管疾患(CVD)の有病率の上昇も、世界全体の心臓手術に大きく貢献すると推測されます。また、人口の増加に伴い、心臓の不整脈に悩まされる人の数も増加しています。世界各地の医療機関では、電気外科機器を用いた低侵襲手術に力を入れており、心房細動などの心疾患に対する治療の選択肢がさらに広がっています。 また、技術の進歩や、医療機器の充実に伴う低侵襲手術の導入の増加は、予測期間中の手術機器市場の成長を支えます。

 

世界の手術器具市場のセグメント概要

 外科用機器市場は、製品タイプとアプリケーションでセグメント化されています。これらの主要な市場セグメントは、さらに様々なサブセグメントに分類され、市場を詳細に調査しています。

 製品タイプ別の展望(電気外科用機器、ハンドヘルド外科用機器、外科用縫合糸・ステープラー

 アプリケーション別展望(心臓血管外科、脳神経外科、産科・婦人科、形成外科・再建外科、整形外科、創傷被覆材、その他

 

キープレイヤーの紹介

 Braun Melsungen AG、Ethicon, Inc.、Medtronic PLC、Smith & Nephew plc、Alcon Laboratories, Inc.、Aspen Surgical Products, Inc.、Stryker Corporation、Zimmer Biomet Holdings, Inc.、Smith & Nephew plcなどは、世界の手術器具市場の調査対象となっている重要なプレーヤーです。

 

レポートを購入する前に、お気軽にご質問ください。@ https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bis138991

 レポートオーシャンについて

 私たちは、業界で最高の市場調査レポートを提供しています。Report Oceanは、今日の競争環境の中で市場シェアを高めるトップラインとボトムラインの目標を達成するために、お客様に高品質のレポートを提供することを信条としています。Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、および業界のための「ワンストップソリューション」です。