2021.7.29 09:10

ランゲージワンが官公庁・自治体・公共団体の多言語音声翻訳サービス導入を映像通訳とハイブリッドで支援

ランゲージワンが官公庁・自治体・公共団体の多言語音声翻訳サービス導入を映像通訳とハイブリッドで支援

官公庁・地方公共団体の 多言語音声翻訳サービス導入をランゲージワンが 映像通訳とのハイブリッドで支援

官公庁・地方公共団体の 多言語音声翻訳サービス導入をランゲージワンが 映像通訳とのハイブリッドで支援【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 総務省のガイドラインに準拠する高品位 AI音声翻訳サービスを多言語映像通訳サービスとシームレスに提供

 2021年7月29日

 ランゲージワン株式会社

 https://www.languageone.qac.jp/

 多言語電話通訳・多言語映像通訳・多言語AI音声翻訳サービスを展開しているランゲージワン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:猪股 武、以下ランゲージワン)は、総務省のガイドライン『 地方公共団体における 「多言語音声翻訳サービス」の 導入ガイド』 (※1)に準拠する、高品位の多言語AI音声翻訳サービスで、官公庁・公共団体窓口の外国人対応をお手伝いいたします。

 外国人との多言語による簡単な会話は、コニカミノルタの AI音声翻訳支援サービス(自治体向け KOTOBAL ※2、 医療機関向け MELON ※3)を採用したAI音声翻訳で対応し、解決しない場合はそのままランゲージワンのコールセンターに接続して三者間の多言語映像通訳サービスへシームレスに移行することが可能です。

 ランゲージワンの多言語AI音声翻訳・オンライン多言語映像通訳のハイブリッドサービスは、多言語での外国人対応が求められている官公庁・公共団体の窓口担当者と外国人相談者の間に、手軽で円滑、確実なコミュニケーションをご提供いたします。

 【対応言語】(13ヶ国語)

 ◆英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、

 タイ語、タガログ語、ベトナム語、ネパール語、

 インドネシア語、ロシア語、ヒンディー語、フランス語

 ※映像通訳は言語によって対応可能な曜日・時間帯に制限がある場合がございます

 上記以外の言語対応についてはご相談ください

 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107268109-O2-5qFb4giZ

 【背景】

 日本に住む在留外国人は2020年12月末現在で、総人口のおよそ約 2%を占める2,887,116人に増加しており(※4)、近年では非英語圏の外国人が多くを占めるため、官公庁、自治体、公共団体などの窓口では、多言語によるコミュニケーション対応力が求められています。

 このような状況から官公庁、地方公共団体における外国人住民対応策の一つとして、専用機器やタブレット端末などに音声を入力すると、機械的に外国語に翻訳された音声が出力される「多言語音声翻訳サービス」への期待が高まっており、総務省から『 地方公共団体における 「多言語音声翻訳サービス」の導入ガイド』が提供されています。

 しかし機械的な「多言語音声翻訳サービス」は、外国人との簡単な会話には対応可能ですが、行政手続きや医療などの専門的な相談、込み入った相談においては対応が難しい場合があります。

 ランゲージワンのAI音声翻訳・映像通訳ハイブリッドサービス(※5)は、AI音声翻訳での解決が困難な場合、そのままランゲージワンの通訳コールセンターに接続して三者間の多言語映像通訳サービスで対応いたします。

 高品質・専門性・セキュリティを備えたランゲージワンの多言語通訳ソリューションサービス(※6)は、官公庁や自治体を始めとしたさまざまな業種・業態のクライアントにご導入いただいています。 (※7) 

 多言語での外国人対応の強化をご検討の際はどうぞお気軽にランゲージワンまでご相談ください。

 ランゲージワンは引き続き、多言語通訳ソリューションサービスの提供を通じて、官公庁、自治体、医療機関、教育機関、金融機関、企業のご担当者さまと、在日・訪日外国人とのコミュニケーション向上をお手伝いしてまいります。

 【参考】

 『総務省ホームページ』

  ※1 「地方公共団体における 「多言語音声翻訳サービス」の 導入ガイド」(PDF)

 https://www.soumu.go.jp/main_content/000745491.pdf

 『コニカミノルタ ホームページ』

  ※2 「 自治体・行政向け自動音声通訳は多言語翻訳アプリ KOTOBAL(コトバル) 」

 https://www.konicaminolta.jp/kotobal/

  ※3 「 医療機関向けコミュニケーション支援サービス MELON (メロン)」

 https://www.konicaminolta.jp/melon/

 『出入国在留管理庁ホームページ』

  ※4 【在留外国人統計(旧登録外国人統計)統計表】 

 http://www.moj.go.jp/isa/policies/statistics/toukei_ichiran_touroku.html

 『ランゲージワン ホームページ』

  ※5「コニカミノルタの KOTOBAL(コトバル)・MELON(メロン)を

 採用したタブレット端末による オンライン多言語映像通訳・

 多言語AI音声通訳サービス」

  https://www.languageone.qac.jp/20200716news/

  ※6「多言語ソリューション」

 https://www.languageone.qac.jp/solution/

  ※7「多言語コールセンター」導入実績例

  https://www.languageone.qac.jp/callcenter/#client

 本プレスリリースに掲載されている会社名および製品・サービス名は各社の登録商標または商標です。

 掲載している情報は発表時点のもので、その後予告なしに変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

 ランゲージワン株式会社はキューアンドエーグループの関係会社です

 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107268109-O1-BaMBiLLh

 【本リリースに関するお問い合わせ】

 ランゲージワン株式会社

 〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2-1-6 笹塚センタービル 5F

 TEL: 03-6301-1001 FAX:03-3372-2757

 Homepage:https://www.languageone.qac.jp/

 お問い合わせフォーム: https://www.languageone.qac.jp/contact/