2021.5.18 14:21

石橋貴明、始球式でマウンドに上がらなかった理由は…「神聖な場所」

石橋貴明、始球式でマウンドに上がらなかった理由は…「神聖な場所」

特集:
始球式
西武・山川相手に始球式を行ったタレントの石橋貴明 =5月16日、千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアム (撮影・戸加里真司)

西武・山川相手に始球式を行ったタレントの石橋貴明 =5月16日、千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアム (撮影・戸加里真司)【拡大】

 お笑いコンビ、とんねるずの石橋貴明(59)が17日、自身のYouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」に出演。16日のロッテ-西武9回戦で始球式を務めた際、マウンドに上がらなかった理由を明かした。

 16日、ロッテ本拠地ゾゾマリンで始球式を行った石橋。始球式といえば、相手チームの1番打者に対して行われるが、投球直前に“対戦相手”に西武の4番、山川穂高内野手(29)を指名。マウンドから数メートル手前でワインドアップで直球を投じた。この日は“令和の怪物”と呼ばれる入団2年目のロッテ・佐々木朗希投手(19)が先発で1軍デビューを果たしていた。

 始球式後、YouTubeの収録に臨んだ石橋は「疲れたわよ、ホント大変よ」と気苦労した様子。「佐々木くんのデビューよ? デビューの日に私みたいなゲスな芸能人。ちょっと古いけど、ダメよ~ダメダメ」と自虐を交えて笑いを誘い、「(佐々木朗の)門出にマウンドに上がりなさいっていうのがダメなのよ。あそこ(マウンド)は彼らの仕事場ですよ? 先に上がって汚しちゃいけないってことですよ」とマウンドに上がらなかった理由を説明した。

 「例えば…」として、「有名な日本料理店で、板前さんのまな板と包丁使って、仕事前に素人がそれを触って料理しますか? そういうこと。神聖な場所ですよ」とキッパリ。大リーグの場合は「どんなレジェンドが来ても、20分前にピシャッと投げて終わり」だとし、「それぐらいのセレモニーでいいんですよ。佐々木くんの門出。そこに誰かの足跡って嫌じゃない?」と続けた。ただ、自分自身の見せ場もつくらないといけないため、「アグー(西武・山川)を呼んだ」といい、「アグーもいい奴でね。すぐに来てくれた」と感謝した。