2021.5.13 14:03

光浦靖子「バカにした笑いでした」あるテレビ番組の趣旨に嘆き

光浦靖子「バカにした笑いでした」あるテレビ番組の趣旨に嘆き

光浦靖子

光浦靖子【拡大】

 女性お笑いコンビ、オアシズの光浦靖子(49)が12日、自身が部長を務める芸能人による手芸部「ブッス!手芸部」のツイッターを更新。あるテレビ番組の趣旨や、スタッフの対応について「悲しくて、、、、」と嘆いた。

 光浦は「BSの番組で、作った物を、500円なら買ってやってもいい、と笑われました。悲しくて、、、、」とツイート。その番組とは、何日もかけて光浦が作った手芸の作品を「こちら、一般の人にいくらまでなら出せる? と聞いて最高金額500円でしたー! スタッフ大爆笑」という趣旨だったという。「バカにした笑いでした」と所感をつづり、「そんな趣旨の番組とは聞かされず、何日もかけて作品を作らされ、、、、、、、、」と嘆いた。

 このツイート後、多くの励ましの声があったといい、「皆さんあったかい言葉ありがとうございます」と感謝。ユーザーたちが「そのスタッフが毎日犬のウンコ踏みますように、とか、食事の度に青海苔や胡麻が前歯にはさまりますように、と呪いをかけてくれてて、、、」と明かし、「笑いました。元気になりました」とつづった。