2021.5.4 12:50

石田ゆり子、シュール猫本31日発売 印税は動物保護に

石田ゆり子、シュール猫本31日発売 印税は動物保護に

石田ゆり子の書籍「ハニオ日記」の写真(長田提供)

石田ゆり子の書籍「ハニオ日記」の写真(長田提供)【拡大】

 女優、石田ゆり子(51)が31日に書籍「ハニオ日記」(扶桑社)を発売する。5年にわたってインスタグラムに投稿した文章を全3巻(第1、2巻・各税込み1980円、第3巻・同1870円)にまとめた。

 ゴールデンレトリバーと5匹の保護猫と一緒に暮らしており、「ハニオ」はその中の1匹(茶トラ、オス)の名。“彼”の視点から世の中をシュールに見つめた言葉がつづられており、石田の世界観を代弁している。

 2016年から「ハニオ日記」のハッシュタグをつけてインスタグラムの中で連載され、石田のファンのみならず、愛猫家や愛犬家の間でも大きな話題となっていた。

 石田は執筆する理由について「悲しいこともうれしいことも全てを飲み込んで続いていく目に見えない『時間』を捕まえたくて、私はいつも文章を書いています。(でも時間は絶対に捕まえられない!)」と告白。「この本は小さな小さな日々の記録の積み重ねによって形になりました」とコメントしている。

 また、同書の印税を全て保護犬や保護猫のために使うことを発表し、「このことが、私がこの本を作る一番の動機でした」とも語っている。