2021.5.2 19:32

竜巻か…静岡で3人けが 全壊3棟、計98棟被害 範囲7キロ、気象台調査

竜巻か…静岡で3人けが 全壊3棟、計98棟被害 範囲7キロ、気象台調査

突風被害を受けた静岡県牧之原市布引原で、横転したままのトラック=2日午前(撮影・今村義丈)

突風被害を受けた静岡県牧之原市布引原で、横転したままのトラック=2日午前(撮影・今村義丈)【拡大】

 1日午後6時40分ごろ、静岡県牧之原市などで突風が吹いた。県によると、倉庫など3棟が全壊、屋根や窓ガラスの一部損壊を含め、建物98棟に被害が出た。足の甲をガラスの破片で切るなど30~60代の男女3人が軽いけが。静岡地方気象台は竜巻の可能性があるとみており、職員が2日に現地入りして調査した。

 隣接する菊川市でも建物が一部損壊した。牧之原市の杉本基久雄市長は2日、「竜巻か、(積乱雲から吹き下ろす気流が地上に衝突する)ダウンバーストの可能性があると気象台から聞いている」と話した。

 牧之原市によると、被害があったのは市西部から東部にかけての約7キロ。布引原や勝田、切山、坂部の4地区の被害は全壊3棟、一部損壊40棟、未分類の被害が49棟。外壁を損傷した住宅もある。トラックなど複数の車が横転、電柱、ビニールハウスの倒壊が確認され、住民は2日朝から片付けに追われた。菊川市の被害は6棟の一部損壊。

 中部電力パワーグリッドによると、1日夜、牧之原市や菊川市などで最大3220戸が停電した。