2021.4.20 04:00(1/2ページ)

菅田将暉「概念を覆された」主演映画『キャラクター』主題歌に仰天!SNSの輝く才能がコラボ

菅田将暉「概念を覆された」主演映画『キャラクター』主題歌に仰天!SNSの輝く才能がコラボ

劇中で対峙する主演の菅田(右)と殺人鬼役のFukase。インパクト十分の主題歌に2人も感動

劇中で対峙する主演の菅田(右)と殺人鬼役のFukase。インパクト十分の主題歌に2人も感動【拡大】

その他の写真(1/4枚)

 俳優、菅田将暉(28)の主演映画「キャラクター」(永井聡監督、6月11日公開)の主題歌をSNSで大人気のユニット、ずっと真夜中でいいのに。(通称・ずとまよ)の女性ボーカル、ACAね(あかね)と人気ラッパー、Rin音(りんね)が歌うことが19日、分かった。ずとまよはユーチューブの総再生回数で3・7億を誇り、Rin音は昨年の日本レコード大賞で新人賞を受賞。菅田は次世代アーティストのコラボに「主題歌の概念を覆された」と衝撃を受けた。

 昨年のNHK紅白歌合戦に初出場したYOASOBIに続く期待のSNSシンガーが、菅田主演のダークエンターテインメントを盛り上げる。

 主題歌は映画と同タイトルの「Character」(発売日など未定)。人気ユニット、ずっと真夜中でいいのに。のACAねが透明感とはかなさを併せ持つ歌声を響かせ、Rin音が人間の暗部をえぐるような力強いラップを刻む。

 同ユニットは“ずとまよ”の略称で人気。ユーチューブの総再生は3・7億回で、昨年は浜辺美波(20)の主演映画「約束のネバーランド」の主題歌「正しくなれない」などで注目された。ライブでは表情が見えない照明で独特の世界観を演出し、話題を呼んでいる。

 Rin音は多様なリズムと豊かな表現力で若者から絶大な人気を集め、Spotifyなどのストリーミングチャートでは上位の常連。昨年の日本レコード大賞では新人賞を受賞した。

【続きを読む】