2021.4.9 11:11

NHK鈴木奈穂子アナ、岡田健史の「落合博満」スピーチは「滑ってない」

NHK鈴木奈穂子アナ、岡田健史の「落合博満」スピーチは「滑ってない」

鈴木奈穂子アナウンサー

鈴木奈穂子アナウンサー【拡大】

 俳優、岡田健史(21)が9日、NHKの情報番組「あさイチ」(月~金曜前8・15)に生出演。3月に行われた「第44回日本アカデミー賞授賞式」で新人俳優賞を受賞した際のスピーチについて振り返った。

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉の博多大吉(50)が「星野源さんも相当、驚かれたらしいですけどね」と話題を振ると、岡田は「健史、大丈夫かと思ったよ」と歌手で俳優、星野源(40)から言われたことを明かした上で、「『源さん、滑りました』と言って」と苦笑い。MCを務める鈴木奈穂子アナウンサー(39)は、「滑ってない、滑ってない」と励ました。

 岡田は「かの有名な三冠王を3度獲得した落合博満氏は、こう言いました。『ダイヤモンドを回っている瞬間には、ホームランを打ったという事実はもう過去のことだ。だからガッツポーズはしないのだ』と。大変光栄なことではありますが、一喜一憂することなく、目の前の刹那と向き合えるような役者でありたいです」とスピーチした。