2021.4.8 21:26

総務省事業でも情報流出か コンサル会社のサーバーがウイルス感染

総務省事業でも情報流出か コンサル会社のサーバーがウイルス感染

 総務省は8日、自治体向けコンサルティング会社「ランドブレイン」(東京)へのサーバー攻撃に関連し、同省が委託した3事業に関わった市民や自治体職員らの個人情報が流出した可能性があると発表した。現時点で流出は確認されていない。コンピューターウイルスに感染したサーバーが計約6700人分の情報を保存していた。

 地域活動に関する研究事業で調査したNPO法人や自治会、市区町村の担当者の氏名や電話番号、メールアドレスのほか、検討会委員の住所や口座情報が入っていた。消防庁の防災事業などに携わった職員の氏名や電話番号も含まれていた。