2021.4.8 21:33

大阪で最多905人感染 重症21人、持病ない20代も

大阪で最多905人感染 重症21人、持病ない20代も

 大阪府は8日、905人が新型コロナウイルスに感染し、3人が死亡したと発表した。感染者は3日連続で過去最多を更新し、初めて900人台になった。10日連続で東京都を上回っている。府内の感染確認は5万7531人、死者は1202人となった。

 8日発表分では新たに21人が重症とされた。基礎疾患のない20代男性や30代女性も含まれている。療養中の重症者は167人になり、府が確保した重症用病床224床の使用率は74・6%、既にコロナ患者の受け入れ準備ができている病床に限ると83・1%が埋まった。吹田市では医療機関のクラスター(感染者集団)が発生した。

 直近1週間の検査陽性率は8・3%で、1%台だった3月下旬から上昇の一途だ。

 変異株の有無を調べるPCR検査の陽性例は8日に236人分が加わり、計1336人になった。ゲノム解析まで終わった計263人分は、全例が感染力が強いとされる英国由来の株。

 府は8日、大阪市に出していた不要不急の外出自粛要請を府内全域に拡大した。