2021.4.7 16:00

泉里香、初主演ドラマ「初日の1シーン目で喉をつぶした」

泉里香、初主演ドラマ「初日の1シーン目で喉をつぶした」

「高嶺のハナさん」記者会見に出席した左から猪塚健太、泉里香、小越勇輝、香音(C)「高嶺のハナさん」製作委員会2021

「高嶺のハナさん」記者会見に出席した左から猪塚健太、泉里香、小越勇輝、香音(C)「高嶺のハナさん」製作委員会2021【拡大】

 女優、泉里香(32)が7日、BSテレ東の主演ドラマ「高嶺のハナさん」(10日スタート、土曜深夜0・0、テレビ大阪は土曜深夜0・56)のオンライン会見に共演の小越勇輝(26)、香音(19)、猪塚健太(34)と出席した。

 漫画誌「週刊漫画ゴラク」で連載中のムラタコウジ氏の人気コミックが原作で、バリキャリOL(泉)が年下のダメ社員(小越)にピュアに恋するラブコメディー。

 今作がドラマ初主演となる泉は「初主演と聞いたときはすごくうれしかった。プレッシャーもあったのですが、撮影に入れば現場の皆さんに支えられて心強い」と笑顔。仕事に厳しく恋には臆病という二面性が強い役どころについては「初日の1シーン目の最後のせりふで喉をつぶしてしまった。クランクインの日に喉をつぶしたのは初めてですね」と苦笑いした。

 猪塚に「こないだ真面目にお芝居するのが物足りなくなってきたといっていた」と明かされると、「表情も動きも二面性が強くて真面目なシーンを撮っていると物足りなくなってくる。マヒしています」と照れていた。