2021.4.5 23:11

角野卓造、橋田壽賀子さん悼む「俳優としての屋台骨を支えてくださる大恩人」

角野卓造、橋田壽賀子さん悼む「俳優としての屋台骨を支えてくださる大恩人」

角野卓造

角野卓造【拡大】

 ドラマ「おしん」や「渡る世間は鬼ばかり」で知られる脚本家で文化功労者の橋田壽賀子(はしだ・すがこ、本名・岩崎壽賀子=いわさき・すがこ)さんが、4日午前9時13分に急性リンパ腫のため静岡県熱海市の自宅で死去した。95歳。ソウル生まれ。故人の遺志により通夜・告別式は行わず、5日に荼毘に付された。

 TBS系ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」で岡倉家の次女・五月(泉ピン子)の夫・小島勇を演じた俳優、角野卓造(72)は所属事務所を通じて追悼コメントを発表した。全文は以下の通り(原文ママ)。

 長い間「渡る世間は鬼ばかり」という作品でお世話になりましたが、もう橋田先生の台本で演じることができないと思うと、今まで当たり前に書いていただいていたことがどれだけ有難く幸せだったことか。

 悲しくてなりません。

 私にとって実の母とともに橋田先生、石井先生はもう2人の母であり俳優としての屋台骨を支えてくださる大恩人です。その1本の柱が無くなってしまいました。

 大変残念です。

 心よりご冥福をお祈り申し上げます。