2021.3.29 11:09

搭乗手続きにデジタル証明 羽田空港で実証実験

搭乗手続きにデジタル証明 羽田空港で実証実験

新型コロナウイルスの検査結果などを示すデジタル証明書「コモンパス」の実証実験が行われた。右手前はアプリのデモ画面=29日午前、羽田空港(撮影・佐藤徳昭)

新型コロナウイルスの検査結果などを示すデジタル証明書「コモンパス」の実証実験が行われた。右手前はアプリのデモ画面=29日午前、羽田空港(撮影・佐藤徳昭)【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 新型コロナウイルスのPCR検査結果やワクチン接種履歴をスマートフォンのアプリで表示する世界共通のデジタル証明書「コモンパス」を利用した搭乗手続きの実証実験が29日、羽田空港を出発する全日空便で実施された。日本発着便では初めての試みで、出入国手続きの迅速化を目指す。

 全日空などによると、コモンパスは渡航者の健康状態が受け入れ国の入国基準を満たすかどうか検証し、検査結果をデジタル証明する仕組み。世界経済フォーラム(WEF)などが開発を進める。通常は紙でやりとりされる検査証明書をデジタル化。世界各国での使用を目指している。提携する医療機関での検査結果が電子データでスマホに届き、チェックイン時に示せば検査証明書などの提出が不要になる。