2021.3.29 16:00

山田洋次監督、志村さん代役の沢田研二に感謝 「キネマの神様」完成報告会見

山田洋次監督、志村さん代役の沢田研二に感謝 「キネマの神様」完成報告会見

映画「キネマの神様」の完成を報告した山田洋次監督(前列左)ら=東京都千代田区(石井健撮影)

映画「キネマの神様」の完成を報告した山田洋次監督(前列左)ら=東京都千代田区(石井健撮影)【拡大】

 山田洋次監督の最新映画「キネマの神様」(8月6日公開)の完成報告会見が29日、東京都内で開かれ、山田監督と主演俳優の菅田将暉らが登場した。

 昨年3月に亡くなった志村けんさんが出演を予定していた作品。ギャンブル好きで借金まみれだが映画を愛する駄目おやじのゴウを代役の沢田研二、その若き日を菅田がそれぞれ演じる。

 山田監督は沢田について「志村さんは日本を代表するコメディアンで、日本一のいい男といってもよい沢田さんとは対照的。ずいぶん悩んだと思う」と語りつつ「志村さんへの友情もあったんだろうな。思い切って引き受けてくれた。天下の二枚目が駄目な男を鮮やかに演じてくれた」と感謝した。

 沢田の撮影の様子を見学したという菅田も「沢田さんは俺よりもパワフルに大暴れしていた。駄目だけど色気があって、魅力的なゴウだなと思いました」と振り返った。

 この日は、志村さんが亡くなって丸1年の命日。ゴウの妻役の宮本信子は「今日満開の桜を見て、志村さんを思い出しました」としみじみ語った。

 会見には他に共演の永野芽郁、野田洋次郎、寺島しのぶ、小林稔侍が出席した。