2021.3.28 15:11

「キムチはもともと中国の文化」韓国ドラマ放送打ち切り 中国寄りと批判殺到

「キムチはもともと中国の文化」韓国ドラマ放送打ち切り 中国寄りと批判殺到

 韓国のSBSテレビが制作した時代劇ドラマで、朝鮮時代との設定にそぐわない中国の食べ物などが登場したとして「中国寄り」との批判が殺到した。ドラマは全16話の予定で2話までしか放送されていなかったが、SBSは28日までに打ち切りを決定し、謝罪した。中国への反感が高まっていることが背景にある。

 中韓間では昨年、キムチの起源を巡る論争が発生。「キムチはもともと中国の文化だ」との主張に、韓国側が「歴史のねじ曲げだ」として猛反発した。また、朝鮮半島の古代国家、高句麗は中国の地方政権だったとして中国史に編入する動きを見せていることへの警戒も韓国で根強い。

 22日に放送された第1話の食事の場面で月餅やピータンなどの中国料理があったほか、中国風の衣装を着た登場人物がいたことから「中国の歴史ねじ曲げに加担している」との指摘が続出。また、実在した王が史実とは違う姿で描かれたことにも批判が出た。

 SBSは食事の場面は中国との国境に近い場所だったため、中国人の往来も多いだろうと想像して演出したと説明。「特別な意図はなかった」と釈明したが、国民からの請願を受け付ける大統領府のホームページで、ドラマの放映中止を求める訴えに20万人以上が賛同するなど批判世論が収まらなかった。