2021.3.21 15:43

コロナ長期化でハワイ苦境 来訪者7割減、経済打撃

コロナ長期化でハワイ苦境 来訪者7割減、経済打撃

人出がまばらな米ハワイ・ホノルルのワイキキビーチ=2月(共同)

人出がまばらな米ハワイ・ホノルルのワイキキビーチ=2月(共同)【拡大】

 新型コロナウイルスの流行長期化で、日本人にも人気の観光地、米ハワイの経済が苦境に立たされている。2019年に1000万人を超えた来訪者は昨年、7割以上減少。ホテル稼働率は低迷が続き、失業率も国内最悪レベル。観光業への打撃が深刻化する一方、関係者はワクチン接種の早期進展に望みを託している。

 「たくさん来ていた日本人観光客は9割以上減り、今では誰もいない。このままでは商売が成り立たない」。ホノルル中心部カラカウア通りの近くで土産物店を営むジュリー・カンさん(55)は深いため息をついた。

 高級ブランド店が立ち並ぶ通り沿いは週末でも人影がまばら。近くのワイキキビーチや、人気商業施設アラモアナセンターも外国人客は少なく、世界屈指のリゾート地は本来のにぎわいを失っている。

 ハワイ州観光局によると、新型コロナの感染拡大が深刻化した直後の昨年4月以降、今年1月までのハワイ来訪者は19~20年の同期比で91%減少。(共同)