2021.3.20 05:02

日本アカデミー賞、草なぎ剛&長澤まさみが初主演男優&女優賞 長澤は感謝の涙「たくさんの方に観ていただけた」

日本アカデミー賞、草なぎ剛&長澤まさみが初主演男優&女優賞 長澤は感謝の涙「たくさんの方に観ていただけた」

特集:
長澤まさみ
  • 最優秀主演女優賞に輝き、満面の笑みを見せる長澤。受賞スピーチでは涙を流して映画に感謝した(c)日本アカデミー賞協会
  • 初めてブロンズを手にした草なぎ。俳優としての存在感が年々増している=東京・高輪(c)日本アカデミー賞協会
  • 「第44回日本アカデミー賞」授賞式最優秀助演男優賞の渡辺謙(c)日本アカデミー賞協会
  • 「第44回日本アカデミー賞」授賞式助演女優賞の左から江口のりこ、黒木華、後藤久美子、安田成美(c)日本アカデミー賞協会
  • 「第44回日本アカデミー賞」授賞式優秀主演女優賞の左から小松菜奈、永作博美、長澤まさみ、倍賞千恵子、広瀬すず(C)日本アカデミー賞協会
  • 「第44回日本アカデミー賞」授賞式最優秀主演男優賞の草なぎ剛(C)日本アカデミー賞協会
  • 「第44回日本アカデミー賞」授賞式最優秀主演女優賞の長澤まさみ(C)日本アカデミー賞協会

 第44回日本アカデミー賞の授賞式が19日、東京都内で行われ、元SMAPの草なぎ剛(46)と女優、長澤まさみ(33)が初めて最優秀主演男優、女優賞に輝いた。「ミッドナイトスワン」でトランスジェンダー役に挑んだ草なぎは「頭が真っ白」と感激。長澤は「コンフィデンスマンJP-プリンセス編-」の天才詐欺師役などが評価され、「これからも誠実に映画作りに向き合いたい」と涙で誓った。

 国内最高峰の映画賞にあたる日本アカデミー賞の授賞式。そうそうたる役者陣が見守る中、草なぎと長澤が頂点に立った。

 草なぎは「ミッドナイトスワン」で愛情を知らない少女(服部樹咲、14)と疑似母子を表現。佐藤浩市(60)ら5人中3人の受賞経験者を押しのけ、栄冠をつかみ取った。

 壇上でブロンズを手にしても「まじっすか…頭が真っ白」と信じられない様子。「新しい地図」の同僚、稲垣吾郎(47)や香取慎吾(44)の名前を挙げ、「近い人たちが支えてくれて、きょうこの舞台に立てた。作品づくりと人との関わりの中で、これからも人生を全うしていきたい」と力を込めた。

 レッドカーペットには「浅田家!」に主演した嵐の二宮和也(37)らと登場。ステージ上では「ニノちゃん」と呼びかけ、2017年9月にジャニーズ事務所を退所後、古巣の所属タレントと初共演を果たした。

 長澤は「コンフィデンスマンJP-プリンセス編-」で陽気な天才詐欺師、「MOTHER マザー」では男たちと行きずりの関係を持つシングルマザーを熱演。新人賞(04年)と最優秀助演女優賞(05、20年)の受賞経験があり、ついに“3冠”を達成した。

 名女優の貫禄を漂わせ、コロナ禍に「たくさんの方に支えられなければ映画づくりはできないと、去年、身に染みました」としみじみ。「その中で映画を公開して、たくさんの方に観ていただけてうれしい」と涙があふれた。

 23年ぶりに映画出演した「男はつらいよ お帰り 寅さん」で優秀助演女優賞の後藤久美子(48)は在住するスイスから帰国。

 興行収入386・1億円で国内記録を更新し続けている「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は最優秀アニメーション作品賞を獲得した。

 ■「Fukushima50」最多6冠

 東日本大震災による東京電力福島第1原発事故を描いた「Fukushima50」は最多6部門で最優秀賞に選出された。助演男優賞の渡辺謙(61)は「福島の力を(最優秀受賞者に贈られる)このブロンズに込めていただけた」と笑顔。「福島の皆さん、とりあえず取りました」と報告し、「どこか飾ってもらえるところに寄贈したい」と明かした。