2021.2.24 05:01

奥平大兼、演技初挑戦の『MOTHER マザー』で新人賞「僕がもらっていいのかな」/ブルーリボン賞

奥平大兼、演技初挑戦の『MOTHER マザー』で新人賞「僕がもらっていいのかな」/ブルーリボン賞

初演技で新人賞をゲットした奥平。伸びしろは無限大だ=東京・恵比寿(撮影・蔵賢斗)

初演技で新人賞をゲットした奥平。伸びしろは無限大だ=東京・恵比寿(撮影・蔵賢斗)【拡大】

その他の写真(1/3枚)

 サンケイスポーツなど在京スポーツ7紙の映画記者が選ぶ「第63回ブルーリボン賞」が23日、決定。奥平大兼(おくだいら・だいけん、17)は演技初挑戦の「MOTHER マザー」で新人賞を獲得。マネジャーから受賞を聞き、「『え?』しか言えなくて…。こんなに光栄な賞を僕がもらっていいのかな」と初々しく喜んだ。

 長澤演じるシングルマザーを愛するあまり、母のために祖父母を殺してしまう長男役。「食事制限をして58、59キロだった体重を10キロ落とした」と役作りに励み、「お母さんのよう」と尊敬する主演女優の懐に飛び込んで演技に没頭した。

 所属事務所では第52回の岡田将生(31)以来11年ぶりの新人賞受賞。実母は泣いて喜んでくれたという。先輩たちが未到達の主演男優賞については「いつか受賞できたら」と“2人の母”に恩返しを誓った。