2021.2.24 05:01

若松節朗監督「子供たちが歴史を知る記録の映画になった」作品賞に『Fukushima50』/ブルーリボン賞

若松節朗監督「子供たちが歴史を知る記録の映画になった」作品賞に『Fukushima50』/ブルーリボン賞

若松節朗監督

若松節朗監督【拡大】

 サンケイスポーツなど在京スポーツ7紙の映画記者が選ぶ「第63回ブルーリボン賞」が23日、決定。東日本大震災による福島第一原発事故の作業員たちを描いた「Fukushima50(フィフティ)」が作品賞。若松節朗監督(71)は「(主演の)佐藤浩市さんも喜んでいて、やりがいにつながったという話をした」と感慨深げだ。

 昨年3月の公開から約1カ月後、新型コロナウイルスの緊急事態宣言で映画館が休館。異例の有料配信で作品が広まり、「映画を作ってくれてありがとう」という声に力をもらった。来月11日で震災から10年となり、コロナ禍も続くが、「原発作業員と医療従事者は人の命を守る姿が同じ。この作品は子供たちが歴史を知る記録の映画になったと思う」と自負。今後も作品で教訓を伝える。