2021.2.23 20:08

河野氏、コロナワクチン供給見通し週内に提示「自治体の準備ができなくなってはいけない」

河野氏、コロナワクチン供給見通し週内に提示「自治体の準備ができなくなってはいけない」

 河野太郎行政改革担当相は23日、新型コロナウイルスのワクチン供給の見通しについて「今週には少し日程的なものを出したい」と述べ、医療従事者への接種を着実に進める考えを示した。オンラインで行った全国知事会と全国市長会、全国町村会との意見交換で明らかにした。

 河野氏は「自治体の準備ができなくなってはいけない」と強調した。また、離島や中山間地での接種に関し「人口1000人以下の離島は全島民一括で始めていただくようお願いしている。高齢者の数が500人を下回る地域でも、自治体の判断で一括接種を検討してほしい」と述べた。

 意見交換では町村会長の荒木泰臣・熊本県嘉島町長が供給の時期や量に関する情報が不足し、計画策定に支障を来していると指摘。「離島や中山間地域では医師や看護師の確保が難しい。早めに見通しを示してほしい」と訴えた。

 市長会長の立谷秀清・福島県相馬市長は接種情報管理の新システムに関し「市町村になるべく負担のかからないようにしてほしい」と要請した。