2021.2.23 16:17

ピーチのたこ焼き廃止へ 食品ロス削減

ピーチのたこ焼き廃止へ 食品ロス削減

 関西空港などを拠点とする格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーション(大阪府田尻町)が国内外の路線で機内食として出していた大阪名物たこ焼きの提供を廃止する方向で検討していることが23日、分かった。賞味期限が短い食品のロス削減が狙いだが、大阪を代表する「粉もん料理」の廃止を惜しむ声も出てきそうだ。

 ピーチは昨春から新型コロナウイルス感染拡大防止のため、機内食の提供を停止しているが、感染拡大の収束後も賞味期限が短いメニューは提供しない方針という。たこ焼きなどはこれまで機内の調理器で温めてから提供していた。

 賞味期限の近い食品に関しては、空港の売店などで買って機内に持ち込んで食べてもらうように促す。カップラーメンなど長期保存が可能なインスタント食品は提供を続ける。