2021.2.20 05:04

優香が志村けんさん初めて肉声で追悼 17年間コントで共演…恩師の3・29一周忌を前にフジ系「志村友達」で

優香が志村けんさん初めて肉声で追悼 17年間コントで共演…恩師の3・29一周忌を前にフジ系「志村友達」で

  • 2010~12年まで放送された「志村軒」で、仲良しツーショットを披露する志村さん(左)と優香。ドタバタ夫婦コントは特に息がぴったりだった
  • 「志村友達」左から、大悟(千鳥)、優香、柴田英嗣(アンタッチャブル)
  • 「バカ殿」優香(左)、志村けんさん
  • 「変なおじさんTV」志村けんさん(左)、優香
  • 「貧乏親子」優香(左)、志村けんさん

 昨年3月に新型コロナウイルスによる肺炎で死去したタレント、志村けんさん(享年70)のコント番組で常連だった女優、優香(40)が、3月2日と9日放送のフジテレビ系お笑いバラエティー「志村友達」(火曜深夜0・55、関東ローカル)にゲスト出演することが19日、分かった。志村さんの冠番組出演は5年ぶりで、初めて肉声で追悼。「今でもヒョイッと出てくる気がします」となつかしんだ。

 存命なら20日に71歳の誕生日を迎えていた志村さん。最も多く共演した女優が冠番組出演で一周忌に花を添える。

 「志村友達」は1996年開始の「志村X」以来、フジの深夜帯で続く18作目の冠番組で、昨年4月にスタート。故人と親しかったお笑いコンビ、千鳥の大悟(40)とアンタッチャブルの柴田英嗣(45)がMCを務め、生前のコントVTRを流し、ゲストと爆笑トークを繰り広げている。

 志村さんがコントの相棒に何度も指名した“秘蔵っ子”優香には番組側が以前からオファー。くしくも一周忌目前の3月2、9日の放送回に出演することが決まり、今年に入って収録を行った。優香は恩人の死去翌日に「(共演は)一生の宝物」と追悼コメントを発表しているが、今回初めて肉声で思い出を語る。

 笑顔がキュートな癒やし系女優は、1999年4月の「Shimura X天国」で爆笑王の冠番組に初登場し、2016年3月の「志村けんのだいじょうぶだあ」スペシャルまで17年にわたり出演。志村さんの相手役となる妻や恋人、お姫様、看護師を多彩に演じ、優香が「このおじさん、変なんです!」と叫ぶ変なおじさんコントなどで人気を博してきた。「志村友達」は5年ぶりの冠番組出演となり、昨年4月に夫の俳優、青木崇高(40)との第1子出産を発表後、ママになってからは初となる。

 収録に臨んだ優香は「今でもヒョイッと志村さんが出てくる気がします」としみじみ。「仕事をしている志村さんしか見たことがないのですが、すごく真面目。カツラとか1つ1つの道具にこだわり、コントを丁寧に作っていた。とってもシャイだからこそ、いろんな扮装で思い切り違うキャラを演じるのが楽しかったのでは」と職人気質の天才芸人をしのんだ。

 息の合った女優から絶賛され、天国の志村さんは照れまくっている!?

 ◆東村山駅に志村さん銅像建つ

 昨年6月に故郷の東京・東村山市から名誉市民の称号を贈られた志村さん。生前の功績をたたえる銅像が今夏、西武新宿線の東村山駅東口に建てられる。持ちギャグ「アイーン」をしている身長166.7センチの等身大の像で、「志村けんさん銅像プロジェクト実行委員会」がクラウドファンディングなどで全国から集めた3200万円を超える資金を基に製作される。関係者は「遅くとも7月上旬には完成し、除幕式を行いたい」と楽しみにしていた。