2021.2.18 22:37

藤井聡太二冠、竜王戦で広瀬八段に勝利し4強入り/将棋

藤井聡太二冠、竜王戦で広瀬八段に勝利し4強入り/将棋

特集:
藤井聡太二冠
第34期竜王戦2組ランキング戦準々決勝で広瀬章人八段を破り、ベスト4進出を決めた藤井聡太棋聖=18日、大阪市福島区の関西将棋会館(日本将棋連盟提供)

第34期竜王戦2組ランキング戦準々決勝で広瀬章人八段を破り、ベスト4進出を決めた藤井聡太棋聖=18日、大阪市福島区の関西将棋会館(日本将棋連盟提供)【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 将棋の藤井聡太二冠(18)=棋聖・王位=が18日、大阪市内の関西将棋会館で指された第34期竜王戦2組ランキング戦2回戦で、広瀬章人八段(34)を103手で下し、準決勝へ進出した。

 「序盤から構想が難しい将棋だった」と終局後に振り返った先手番の藤井二冠だが、この日は相掛かりの戦型を選択。中盤から巧みな指し回しで徐々に差を広げて、最後は元竜王の広瀬八段を投了へ追い込んだ。

 ランキング戦は竜王戦の予選にあたり、藤井二冠は昨年6月、3組で史上初の4期連続ランキング戦優勝を達成。5期連続Vへ残り2勝とし、松尾歩八段(40)との準決勝へ、「次局もなんとか一手一手しっかり考えて指したいと思います」と話した。

 藤井二冠は16日に日本将棋連盟を通じて、3年に在学していた名古屋市内の高校を1月末で自主退学していたことを公表。「一層精進していく所存です」と棋士生活一本にかける意気込みを明かしていた。