2021.2.14 14:36

藤田ニコル、ネットで「“プチリンチ”ぐらいは常にある」

藤田ニコル、ネットで「“プチリンチ”ぐらいは常にある」

藤田ニコル

藤田ニコル【拡大】

 モデルの藤田ニコル(22)が14日放送のTBS系「サンデージャポン」(日曜前9・54)に生出演。女性蔑視発言騒動を受け、森喜朗氏(83)の東京五輪・パラリンピック組織委員会の会長を辞任した騒動についてコメントした。

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は12日、東京都内で評議員会と理事会の合同懇談会を開き、森会長が女性蔑視発言の責任を取って退任を正式に表明。しかし、後任に前向きの姿勢を示していた元日本サッカー協会会長の川淵三郎氏(84)が一転して辞退した。

 番組では、五輪開幕まで半年を切ったにもかかわらず混迷が続く東京五輪・パラリンピック組織委員会を特集。森氏への批判が、全文を読まずに一部を切り取った記事だけを読んだだけの“ネットリンチ”であるという声が挙がったことを取り上げた。

 コメントを求められた藤田は、森氏の発言について「全文読んだんですけど、これは全文読んでも嫌だった」と改めて不快感を示したが、「確かに切り取りはやりすぎだなとは思う」と理解を示した。

 MCを務めるお笑いコンビ、ぺこぱの松陰寺太勇(37)から「“ネットリンチ”なんですけど、自身はされたことはないでしょ?」と問われると、「“プチリンチ”ぐらいは常にありますね。私に言いやすいんでしょうね。何でも言われがちな部分はあります。傷づいて、ファンの言葉を聞いて回復して、また傷づいて、ファンの言葉を聞いて回復しての繰り返し」と語った。