2021.1.28 00:03

元AAA浦田直也、活動再開を報告

元AAA浦田直也、活動再開を報告

浦田直也

浦田直也【拡大】

 女性への暴行事件で2019年4月から謹慎し、同年末をもって男女ユニット、AAAを脱退したソロ歌手、浦田直也(36)が活動を再開すると27日深夜、公式サイトで発表した。

 昨春頃に所属するエイベックスの松浦勝人会長(56)から「仮歌をやってくれないか?」との依頼を受け、スタジオで仮歌を歌う中で「いつか自分の歌を歌いたい」との思いが芽生えたとし、「『活動自粛・休止』から約2年が経ち、この度、松浦会長、たくさんのスタッフの皆さんの力をお借りし、改めて『浦田直也』として、自分の楽曲制作をさせていただける事になりました」と報告した。楽曲のタイトルや発売日など詳細には触れられていない。

 活動再開を発表した28日は、2009年にアルバム「TURN OVER」でソロデビューした日。「反省も後悔も苦しむ事も、まだ足りないと言われてしまうかもしれません」としつつも、「でも、待ってくださる方が一人でもいるなら、もう人を悲しませることは絶対にしないと強く決意した自分の声を、歌修行を経た自分の声を、皆様に届け、気持ちを伝えていくことができるよう、一から努力していきたいと思っています」と決意をつづった。

 浦田は2019年4月19日、酒に酔った状態で東京・中央区のコンビニで面識のない20代女性(当時)を殴ったとして、暴行の疑いで同20日に警視庁月島署に逮捕(不起訴処分)された。同22日の謝罪会見では「情けない」を連発。心身を立て直すために無期限謹慎を発表した。同年大みそかにはAAAを脱退し、ソロで再始動することを発表していた。