2021.1.24 05:03(1/2ページ)

柴又の料亭「川甚」231年の歴史に幕 映画「男はつらいよ」第1作でさくら結婚披露宴の舞台

柴又の料亭「川甚」231年の歴史に幕 映画「男はつらいよ」第1作でさくら結婚披露宴の舞台

柴又の「シンボル」だった老舗料亭「川甚」。今月いっぱいでその歴史に幕を下ろす=東京都葛飾区

柴又の「シンボル」だった老舗料亭「川甚」。今月いっぱいでその歴史に幕を下ろす=東京都葛飾区【拡大】

その他の写真(1/4枚)

 映画「男はつらいよ」にも登場した東京都葛飾区柴又にある川魚料理の名店「川甚(かわじん)」が今月末で閉店する。江戸時代後期の創業で、231年にわたり地域のシンボルとして親しまれてきたが、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、客足が激減。8代目店主の天宮一輝さん(69)は23日、「この先も明るい光が見えなかった」と苦渋の決断を明かした。2度目の緊急事態宣言下で、飲食業界を取り巻く環境はますます厳しさを増している。

 寅さんや妹・さくらも“訪れた”名店が、その歴史に幕を下ろす。

 店主の天宮さんは「今後のシミュレーションをしましたが、どうやっても明るい光が見えなかった。8代目として申し訳ない気持ちでいっぱいです」と声を絞り出した。

 うなぎや鯉などの川魚料理で知られる川甚は、寛政2(1790)年創業。以来、地元でも冠婚葬祭に利用されるなど、愛されてきた。だが、多い日は700人以上だった客足はコロナ禍で激減。「5人以上の会食が禁じられ、団体のお客さんが減った。11、12月はそれまでの2割まで落ち込んだ」。昨年12月20日に閉店を決断し、約20人の従業員に説明した。

 川甚の名は夏目漱石ら文豪の作品にも登場するが、多くの人の心に刻まれるのは、映画「男はつらいよ」の名場面だ。第1作で主人公・車寅次郎(故渥美清さん)の妹・さくら(倍賞千恵子)が結婚した際の披露宴の舞台。寅さんは「さくら!! よかったな!!」とテーブルクロスで顔を覆い、川甚の座敷で男泣きした。

【続きを読む】