2021.1.24 07:30(1/2ページ)

【ペットと私】姉弟猫と運命の出会い 写真集まで出しちゃった マルとオレオと藤あや子

【ペットと私】

姉弟猫と運命の出会い 写真集まで出しちゃった マルとオレオと藤あや子

特集:
ペットと私
  • 牛のコスプレをする藤あや子とオレオ(右)とマル(奥)
  • マル(左)とオレオ
  • マルを抱く藤あや子とオレオ

 芸能人が愛するペットを紹介する大型企画に、演歌歌手の藤あや子(59)が保護猫のマル(オス、1歳)、オレオ(メス、1歳)と登場。マルオレ(2匹の愛称)との日常をユーモラスにつづったSNSが注目を集め、昨年12月に初写真集「マルとオレオと藤あや子」を発売。自由かつシンプルに生きる2匹に「この子たちは私にとって“師匠”です」とほほえむベテランは、人生を変えた愛猫との豊かな生活を明かした。(取材構成・宮越大輔)

 ▼一目ぼれ…3日会わないと涙ぐむ

 演歌の女王にしてマルオレの“広報担当”としても活躍中の藤が、愛猫への愛を語り尽くした。

 「番組の収録が終わると着物姿のまま直帰します。今や芸能界一帰宅が早いですね」

 美形で賢いハチワレ猫・オレオと、甘えん坊な黒猫・マルの姉弟を家族に迎えて約1年半。生活の変化を問われると“親バカ”全開で、「今まで歌に集中しているときはプライベートが頭をよぎることは一切なかったのですが、3日会っていなかったときに思わず涙ぐんでしまい、これはヤバイぞと…」と笑った。

 2匹を飼うきっかけは、大阪で保護猫5匹の面倒を見ていた義母が、2019年6月に出産間近の野良猫を保護したことだった。生まれたばかりの子猫4匹の写真が送られてくると、瞬時にマルに一目ぼれ。幼少期は捨て猫を拾うなど「かわいそうなものに執着する性格」なだけに、「憂いのある表情に引き付けられました」と運命の出会いを振り返る。

 20年前に愛猫を亡くしてからペットを飼うことをやめていたが、義母から飼育を促されたときに「『この子が家にいたらどんなに幸せだろう』と想像するだけで気持ちが豊かになった」と決断。2匹で飼うことも勧められ、生後1カ月のマルオレを引き取った。

【続きを読む】