2021.1.22 21:38

映画「007」最新作 コロナ禍で再々延期が決定

映画「007」最新作 コロナ禍で再々延期が決定

 映画「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」(キャリー・ジョージ・フクナガ監督)の世界公開が今年4月から10月8日に延期されることが22日発表された。日本公開日は現段階で未定。

 映画は当初、昨年4月10日に世界公開を予定していたが、コロナ禍の影響で昨年11月に延期に。だが、収束が見込めず、今年4月に再延期しており、今回が3回目の延期となる。

 同作は「007」シリーズの25作目で、英俳優、ダニエル・クレイグ(52)がジェームズ・ボンドを演じる最後の作品として注目されている。