2021.1.14 13:46

ワタナベエンタ吉田会長と落合陽一氏がエンタメ教育対談

ワタナベエンタ吉田会長と落合陽一氏がエンタメ教育対談

ワタナベエンターテインメントの代表取締役会長の吉田正樹氏とメディアーティストの落合陽一氏が出演したネット配信番組「NewsPicks WEEKLY OCHIAI」

ワタナベエンターテインメントの代表取締役会長の吉田正樹氏とメディアーティストの落合陽一氏が出演したネット配信番組「NewsPicks WEEKLY OCHIAI」【拡大】

 芸能事務所、ワタナベエンターテインメントの代表取締役会長の吉田正樹氏とメディアーティストの落合陽一氏が、ネット配信番組「NewsPicks WEEKLY OCHIAI」(13日公開)で「エンタメ×教育のポテンシャル」をテーマに対談した。

 新型コロナウイルスの影響でエンタメは不要不急のものと位置付けられたが、吉田氏は「エンターテインメントとは価値のあるものをつくって人の心を解放するもの。自信を持って必要かつ喫緊のものであると言えるものをつくる努力、またできる限りすべての感染予防対策を行ってきている」と持論を述べた。

 4月には“ネットの高校”ことN高等学校とタッグを組み、オンラインで学べるワタナベNオンラインハイスクールを開講。N高で講義をした落合氏は「今までの普通教育であればなかったような才能が輝けることもあるので、そこにエンターテインメントの要素が入ってくるのは良いと思う」と歓迎。吉田氏は「少し前までは皆テレビに出たかったが、今は別にテレビに出たいわけではないけど、何か人を楽しませる仕事はしたいという子が増えている」と傾向を分析。オンラインによってエンタメ教育の地域格差をなくすこともクリアできるとし、「何かはわからないけれど、とにかく何か楽しいことをやってみたいという人、まだ何をやりたいかわからないという人たちにこそ入ってほしい」と話した